墓地には、公営墓地、民営墓地、寺院墓地などが存在します。地方に行けば、その地域で共同管理する墓地も存在しますが、多くの場合は公営、民営、寺院のいずれかに墓地を持つことになります。人によっては、生前に用意しておいて、亡くなったらすぐにそこに入れてもらおうとする人もいます。墓地がないと、遺族が用意せねばならず、費用負担をどうするかをめぐり、家族内で論争になってしまい、揉め事になってしまうこともあるほどデリケートな話題であるため、生きているうちに用意しておくのは賢明な判断です。早めに購入するメリットとして何があるのか、そして、デメリットとしては何が挙げられるのかを事前に知っておくことで、あえて遺族に全てを託すという選択肢も出てくることとなります。

公営、民営、寺院の各墓地を早めに購入する場合

公営墓地は自治体が管理を行い、運営をしています。こうしたところでは年に1回程度募集をかけており、それに応募する必要があります。条件としてはその自治体に住んでいることなど色々とあります。ただ、使用料などが割安なのがメリットとされており、早めに確保してもそこまでの費用になりません。民営だとそういうわけにはいかず、費用面でかなりの負担となるため、デメリットが多くなります。一方の寺院は、檀家になることが条件であるものの、年に1回の応募しかないわけではないため、比較的スムーズに確保することが出来ます。ただ、永代使用料だけを払えばいいわけではなく、お布施や寄付などが必要となるため、結局は公営よりも割高になることがあります。もし早めに購入するならば公営の場所がおすすめです。

早めに動き、購入した方がいいケースとは

早めに確保しておいて損がないのが公営墓地でしたが、唯一の難点は競争率が高いことです。場合によっては何年も応募しているのになかなか当たらないというケースがあるなど、仮に亡くなってから探すという場合にはかなりのデメリットとなります。逆に言えば、早めに動き、事前に応募をし続けることで亡くなる前に墓地を確保することが可能です。いつでも応募できるのが民営と寺院のメリットですが、それ以上のデメリットが費用負担です。公営のデメリットは確保のしにくさですが、早い段階から応募をし続ければそのデメリットも消え、メリットだけが残ります。早めに確保したい場合には、墓地をどこに作りたいか、その周辺に公営墓地があるかどうかなどを確かめた上で早めに動いて応募することが大切です。