墓地というものも、マイホームなどと同様に、一生に一度の買い物になるというのが通例です。しかし、実際に購入してしまってからでは、ふつうの品物のように返品ができるわけではありませんし、購入費用のほかにも、管理費などのさまざまな経費がかかってくるものです。そこで、墓地を新規に購入しようとするのであれば、まずは内訳としてどのような費用がかかるのかを知って、しっかりとした選び方をする必要があるといえます。一般にいって、墓地の費用としては、墓石の費用そのものと、永代供養料や管理費といった、墓石以外の部分の費用にわけて考える必要があります。もちろん、これらの費用が一式として価格表示に組み込まれているケースもありますので、内訳をあらかじめ調べておくことは重要であるといえます。

墓石そのものを購入するための費用

お墓を建てるとなれば、当然ながら、そこがお墓であることを示す標柱としての墓石を選んで購入するというのが、はじめに考えなければならないことといえます。この墓石についてですが、石材の材質によって、かなり価格は変化するものです。一般に、国産の石材のほうが品質は高く高価であり、中国などからの輸入物の石材は、場合によっては材質がもろかったりすることもありますが、比較的低廉な価格で購入できるものといえます。また、先祖代々の墓、あるいは家の名字を記した石碑や、お墓の区画を区切っている外構の部分の大きさ、さらには蓮台や墓誌、灯ろうなどといった部材の有無によっても価格は異なります。石材店にしっかりと見積もりをしてもらった上で、悔いのない選択をすべきといえます。

永代供養料や管理費などの費用について

お墓を建てる場所としては、公営の霊園、寺院の境内の墓地など、さまざまなところが考えられますが、ふつうは永代供養料や使用料として、はじめにかなりの金額を管理している自治体や寺院に納める必要があります。いずれも実質的には場所代に近い性格のものといえます。また、寺院墓地の場合はあわせてその寺院の檀家となるような契約を求められるため、家の宗派については確認しておいたほうがよいといえます。霊園によっては、墓石を購入できる業者が指定制となっているため、指定された業者以外からは購入ができないような制約があることも考えられます。また、永代供養料や使用料のほか、毎年、あるいは数年ごとに、管理費を徴収されることもあります。これは敷地内の清掃、メンテナンスなどの費用であって、墓域のランニングコストと考えればよいでしょう。