自分が亡き後、どのような場所に眠りたいのか考えたことはないでしょうか。墓地の種類は大きく3つに分類することができます。それは「公営墓地」「寺院境内墓地」「民営墓地」の3種類になります。公営は地方自治体が管理運営するものです。宗教法人が運営するのが、寺院と民営です。檀家制度を基盤としているのが寺院で、宗派などは異なっても大丈夫なのが民営です。それぞれにメリットやデメリットはありますが、自分がお墓を建てたい場所がどのような墓地なのかを調べることは必要になってきます。お墓を建てたいからといって、すぐに建てられるものでもありませんので、急きょ必要になる前に、事前に申し込みなどの手配は済ませておいたほうが、希望通りの場所にお墓を建てることが可能になりやすいです。

どこに墓地があるのかもとても大切です

墓地を選ぶときにとても重要なことは、どこにあるかということです。昔ながらですと、ご先祖様が眠っている土地にお墓を建てなくてはいけないと思いがちです。しかし、最近では、自宅から近い場所を選ぶ方が増えてきています。理由としては、お墓の管理をする身内が通いやすい場所のほうがいいからです。遠いと、どうしても足が遠のき、なかなか行かなくなってしまいがちです。そのような事にならないためにも、生活範囲で探す方がとても多くなってきています。自宅近辺で、自分が求めている墓地(公営、寺院、民営)がない時には、求めているような墓地が一番近いところでどこにあるのかをリサーチする必要が出てきます。それぞれの墓地の特徴や、受け入れてもらいやすいのかを知り、相談しに行くことをお勧めします。その土地ならではの特色もあるかもしれないからです。

ロケーションにこだわっても良いかも

ただ単に近くにあるから、という理由ではなく、自分たちの思い出の場所や、趣味などから、場所を選ぶ方もいます。たまたま条件が合って決めるということも良いのではないでしょうか。少し山気味の場所で通いにくいけれど、海が見渡せるようなロケーションであるなど、思いがけず気に入ってしまったような場所でも、良いですね。新聞広告などにも、墓地販売等があります。土地の名前だけで、建てるか建てないかを決めるのではなく、実際にその場所に行ってみて、説明を聞いてみてはいかがでしょうか。寺院の敷地内だが、檀家以外の人の受け入れも可能なこともあります。管理料が高額といわれている墓地でも、色々なプランが準備されているなんてラッキーな話が聞けるかもしれません。ドライブをしながら、どんな場所の墓地にお墓を建てたいのか、チェックしてみるのもいいですね。